お店をはじめる とっておきの場所が ここにあります FUKUI WAKASA

SOL'S COFFEE LABORATORY 2019 年10 月OPEN

若狭熊川宿でお店をはじめてくださる方を募集しています

京都と若狭をつなぐ“鯖街道” の
宿場町でお店を開きませんか

若狭町の歴史や自然、食文化を次の世代へ繋ぐプロジェクトとして、古民家レストランのシェフ&オーナーを募集しています。レストラン開業に向けた様々なサポート体制を整え、熱意あるあなたの挑戦を待っています。

福井県若狭町熊川宿へのアクセス

乗用車で…
 ●京都から約60分  ●名古屋から約2時間
 ●神戸から約2時間
公共交通機関 (JR等) で…
 ●京都から約90分 ●名古屋から約2時間 
 ●神戸から約2時間

宿泊施設、カフェ、アウトドアスポットなどが続々オープン。若狭の食や観光資源を生かした新たなチャレンジが進んでいます。今後は海外からのお客さんも増えていく注目の場所です。

NEW
OPEN!!
2019年10月 OPEN

コーヒー専門店
SOL'S COFFEE LABORATORY

シェアオフィス菱屋さんの土蔵に焙煎機つきのコーヒー専門店がオープンしました。築130年の元炭問屋の土蔵をコーヒー専門店に改修。お店のイメージの検討、持ち主さんとの打ち合わせ、工事竣工など、約5ヶ月間の準備期間を経て出来上がりました。東京の蔵前にお店を構えるSOL’S。 若狭町に出店した最大の理由は何よりお水がとても美味しいこと!若狭の水で淹れたコーヒーは全然味が違います。東京と若狭をつなぐ役割にも期待です。

2020年2月 OPEN

若狭熊川の忍者道場
忍道錆鈴館 -SEIREIKAN-

忍道の理念や歴史などが学べる道場。気軽に忍者体験できるコースも随時開催。

2019年10月 OPEN

若狭の暮らしを伝える宿
八百熊川

京都の北の宿場町「熊川宿」にあたらしい古民家宿。カマドでご飯を炊く体験も。

2018年10月 OPEN

心と体にやさしいカフェ
irodori Labo

生活にいろどりを。こころにゆとりを。身体にやさしいおやつ、五感を刺激するモノ、コトを研究します。

私たちも挑戦しています

新野彫刻店 彫刻師 新野祐一さん

7年前に熊川宿に工房を構え、3年前には古民家を改修し、移住しました。弟子も2人育成中です。熊川宿の住民やご商売されている方々とのつながりや取り組みは、人が「育つ」「学ぶ」場所としても最適な所だと思います。

DEKITA 時岡壮太さん

2年前に古民家をお借りして東京から会社を熊川宿に移し、2019年に、宿泊施設をオープンさせました。熊川は外から人が入りやすい開かれた空気があり、とてもいい環境で仕事をさせてもらっています。

irodori Labo 宇野早希さん

無農薬、無添加にこだわったカフェを営んでいます。身体にやさしいおやつ、五感を刺激するモノ、コトを研究中。熊川宿でまちづくりを行う人、訪れる人を結びつけるような場づくりに挑戦しています。

Application Details

募集要項

このような方を求めています。

・鯖街道熊川宿の物件で飲食店をしてくださる方
・地産地消に努め、若狭の食文化の魅力発進と継承に貢献してくださる方
・活動意欲と情熱があり、地域の方と一緒に活動し地域を盛り上げていってくださる方
・鯖街道熊川宿の物件を借り上げてくださる方


お申し込み、お問い合わせは、WAKASA!チャレンジプロジェクト事務局まで

皆さんの挑戦をお待ちしています!!

若狭町長 森下裕

若狭町には、全国に誇れる自然、文化、食などの資源がたくさんあります。
そして、何より町民の“温かい心”が大きな特徴です。
これまで、多くの移住者と町民との融合が生まれ、活躍いただいています。
これからも、先輩移住者、町民、地域、民間、そして行政が力を合わせ、
みなさんの活躍を全力で応援します!

開業までの流れ

SETP 01
お問い合わせ

WAKASA!チャレンジプロジェクト事務局までお気軽にお問い合わせください。疑問点や心配なことなど何でもご相談ください。(担当:玉井・池田)

seisaku@town.fukui-wakasa.lg.jp

SETP 02
お試し訪問

若狭町へお越しいただき、地域や各種関連する機関、事業者等とのマッチングを行います。店舗物件をご覧いただく他、生産者や地域の方、地元飲食店の方をご紹介します。若狭町内に住まいを希望される方は、空き家物件をご案内いたします。

SETP 03
スキーム設定/開業準備

開業に向けた具体的な準備を進めていきます。住まい探しや各種補助金制度のご案内など、様々なサポートをさせていただきます。

Ingredient

若狭の食材

四季折々に海や山や湖がもらたす旬の食材は若狭の大きな魅力。名水百選の瓜割の水。鯖や若狭ふぐに代表される日本海の鮮魚。豊かな自然の中で育った若狭牛。種は小さく果肉が厚い福井梅。秋には梨や柿が実ります。新鮮な食材が手に入る、豊かな若狭の食材や生産者の方をご紹介させていただきます。

たごころ農園 代表 倉谷正典さん

お米は水が命。北川の清流を直接田んぼに引き、 贅沢に使うことで美味しいお米に育ちます。
選び抜かれた原料から作られる大地の恵みを皆様にお届けします。

かみなか農楽舎

都市からの若者の就農定住を促進し、いきものあふれる田畑を守るために環境に優しい農法でお米を育てています。野菜の多品目栽培もしています。

コシヒカリ

コシヒカリ

肥沃な大地で美味しい水と空気で育った若狭町産のコシヒカリは、炊き上がりの艶々とした光沢と粘り気が強いのが特徴。噛めば噛むほどもっちりとした食感で、甘くてふっくら。まるで一年中新米を食べているような食味を堪能できます。

へしこ

へしこ

北陸の厳しい冬の保存食として昔から重宝されてきた伝統料理。鯖に塩をかけ、糠漬けされたもの。薄く切って刺身にしたり、軽く炙ったりして食べるほか、お茶漬けやパスタにしてもおいしい。栄養が豊富で、健康や美容に良い優れた保存食として注目されています。

熊川くず

熊川くず

日本三大葛のひとつ。若狭湾に注ぐ北川の上流に自生する葛根を原料とし、手間暇かけてつくられる熊川くずは、まろやかな口当たりで上品な味わいが特徴です。疲労回復や風邪に効能があります。「くずまんじゅう」は、夏の風物詩となっています。

鯉

三方湖に生息する淡水魚。三方湖で獲れた鯉は臭みがなく刺身にしても美味しいです。煮付けや味噌汁としても味わえる鯉は滋養たっぷりで地元では馴染み深い食材となっています。脂がのる冬が旬で、湖周辺のスーパーでも購入することができます。

梨

若狭町岩屋地区では「幸水」「豊水」など五つの品種が栽培されています。8月中旬からは「幸水」、9月上旬から下旬は「20世紀」と「豊水」が旬で、みずみずしくさっぱりとした甘みが特徴。観光梨園では、若狭町特産の梨狩りを楽しむことができます。

若狭牛

若狭牛

きめ細かい肉質で柔らかく、牛肉の香りと食感が豊かなのが特徴です。古くから若狭地方で飼われてきた丹波系の和牛で、性格がおとなしく品位があり、肉質の優れた牛として知られています。四季に富んだ気候と豊かな風土のなかで、丹精込めて育てられています。

さば寿司

さば寿司

若狭地方や京都の郷土料理のひとつ。長方形に固めた酢飯の上に塩鯖の半身を乗せ、出汁昆布で全体をくるんだもの。鯖には、血液中のコレステロール値を下げて血液をサラサラにするIPAや学習能力や記憶力を高めるDHAが豊富に含まれています。

Special Support

応援サポーター

皆さんの挑戦を全力サポート!温かな人柄も若狭の魅力です。

若狭町役場 政策推進課

玉井克幸さん

新しい感動と笑顔がひろがる若狭町で起業してみませんか?あなたの想いを町全体で応援します。元気な熊川宿で、私たちとともにチャレンジしてきましょう。

若狭熊川宿まちづくり特別委員会

宮本哲男さん

熊川は「観光」と「暮らし」が共存しているまちです。まちのことで分からないことは何でも聞いてください。一緒にまちを盛り上げてくださる方を歓迎します。

熊川観光組合

岡本宏一さん

開発の進む熊川宿。そのスピードはさらに加速し勢いがあります。新しくいらっしゃった方と共にタッグを組み、まちの未来を一緒に作っていきましょう。

Contact

お問い合わせ

WAKASA!チャレンジプロジェクト事務局までお気軽にお問い合わせください。
疑問点や心配なことなど何でもご相談ください。(担当:玉井・池田)